ホーム >  市民G8ウィークス >  6月 >  地元の声を聞こう 沙流川にイオル(アイヌの伝統的生活空間)を!
地元の声を聞こう 沙流川にイオル(アイヌの伝統的生活空間)を! 高ヒット [地図表示]
2008-5-23 0:46 投稿者: 08summit.h (記事一覧) [ 9692hit ]
−ダムを壊しているG8先進諸国の過ちを繰り返さないためにー

日高管内を流れる1級河川・沙流川はシシリムカ(本当にあたりをつまらせる)とアイヌ語地名で呼ばれる通り、
時のアセスで凍結された苫小牧東部工業開発計画で工業用水供給のために計画され建設されたニ風谷ダムでは、
建設10年を待たずして開発局が100年を想定した堆砂量の2倍がすでに堆積しダム湖から顔を出した陸地に
は草も生えています。

計画と現実は大きく食い違い沙流川のほとり、特にダム下流に生活する人々は鉄砲水のような洪水と粘つく
泥水に苦しめられ、水産資源は減少し、大晦日に水道も出ず風呂にも入れないというしわ寄せに不安が増して
います。ニ風谷ダムと2ダム1事業と位置付け計画されている平取ダムは既に取替道路工事が始っています。

そこで、私たちは被害が大きいダム下流の沙流川のほとりに生活する中村正晴さんと二風谷ダム裁判の原告
者、貝澤耕一さんから、地元の声をお聞きする企画をたてました。皆様のご参加をお待ちしております。

講演内容
沙流川のほとりに住んでーニ風谷ダムが出来る前と後の沙流川の違い、洪水や水産資源
中村正晴(味処 西陣
主人 ししゃも寿司で有名 )
(富川北1丁目沙流川被害者の会 会長)

平取ダムとイオルーアイヌ文化環境保全対策調査にかかわって考えたこと
私が考えるこれからのイオルとは
貝沢耕一 (チコロナイ 代表)
地図  [KML] [地図表示]
住所札幌市北区北8条西3丁目 エルプラザ2F 環境研修室
日時 6月28日(土曜)午後6時30分〜午後9時30分
参加費無料
主催森とクマにサケを/イテキ!ウエンダム・シサムの会  
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8    
GNavi   (based on MyAlbum-P)